ETCカード申し込み方法を解説します

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油特典があるカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、何も問題が発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触してしまうと事故扱いになるので気をつけて車を停めましょう。

停車時は事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの利用を考えると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号など自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、取り扱っているカード会社が多くてどこを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

皆さんはクレカの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

最近ETCカードの作成について調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば処理してくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が高めに設定されている楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、早めにクレカを作るメリットとしてポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

クレヒスに問題があるなど特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプでは新規申込時に同時申請できることやすでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前高速を利用しようと思ったらその後自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに連絡をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠くに出かけたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものと一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

参考:http://www.letteringguru.com/