自営業住宅ローン審査と確定申告について

自営業の人が住宅ローンに申し込みをするときには、もちろん審査がありますのでいろいろな必要書類を用意しておかなければならないでしょう。
審査に当たり普通の金融機関の住宅ローンでは、3年分の確定申告のコピーを提出しなければなりませんので、きちんと用意しておいたほうがいいでしょう。
その3年の間に一度でも赤字がある期間があると、審査が下りないということが多いですので、右肩上がりになっているときに申し込みをしたほうがいいのではないかと思います。
フラット35については、3期分用意する必要がなく、当期のみの確定申告のコピーだけで対応してくれるようですので、赤字などがありなかなかローンを組めないという人などは、フラット35を検討してみるといいでしょう。
配偶者の借金で審査が通らない?住宅ローン借入!【共有名義ではどう?】