リフォームローン審査に落ちた理由とは?

マイホームの為に思い切ってリフォームローンを申込みしたけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

住宅ローンを組むときは、まず銀行の審査に通る必要があります。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳重に行われます。

リフォームローン審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

リフォームローン審査に通らない限り住宅ローンを組むことはできないのです審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位?数百万単位の金額が一般的の様です。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホームリフォーム時の融資が役立ちます。

けれども、数ある金融機関の中からどこを選択すればよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みをする事ができます。

だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

リフォームローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

住宅をリフォームするという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅をリフォームする際には必ず住宅ローンのリフォームローン審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

リフォームローンリフォームローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

借り入れたリフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、追加融資が難しい金融機関においては担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

リフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけません。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しめになっているようです。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われず付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローン金利比較を行う際は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

気になる金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除が可能です。

申告することによってその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件付きになっています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下という条件があります。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

引用:http://www.freedomisavoice.com/applied/examination.html

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

無理のない返済額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組む上で重要なのです。

リフォームローンの一体型について紹介します。

分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンはじぶん銀行の住宅ローンよりも金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとして【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売開始になりました。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる近道となります。

リフォームローンの金利というものは金融機関によって様々です。

低い利率では1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。